コーヒーダイエットって本当に効くの?メリットや方法をご紹介

今度こそ!と意気込んでダイエットを始めてみたものの、カロリー計算がめんどうだわ、空腹が辛いわで、やっぱり挫折。あなたがもしこのような体験をお持ちなら、コーヒーダイエットにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。コーヒーダイエットは、コーヒーが苦手でなければ今日からでも実践できる簡単なダイエットです。

コーヒーがダイエットにいいってどういうこと?

ご自宅はもちろんのこと、オフィスでもすっかりお馴染のコーヒーですが、この飲み物でダイエットできるというのは一体どういうことなのでしょうか。
実は、コーヒーにはダイエットのサポート役ともいえる2大成分が含まれており、毎日続けて飲むことでダイエットを成功に導きやすくするといわれているのです。
それではまず、コーヒーに含まれているダイエットに役立つ2大成分からご紹介していきましょう。

カフェイン

カフェインは脳に覚醒作用をもたらす成分として有名で、眠気覚ましにコーヒーを飲む方は多いのではないでしょうか。
そしてもうひとつ、カフェインには利尿作用があるため、余分な水分の体外排出にも役立つのです。
また、私たちの体内には脂肪をエネルギーに変えるリパーゼという酵素が存在していますが、カフェインはこの酵素に働きかける作用があるともいわれています。
エネルギーに変換される脂肪の量が増えれば、自然と痩せやすい体質になると考えられますね。

クロロゲン酸

クロロゲンはポリフェノールの1種で、コーヒー特有の色や香りの元となる成分です。
この成分もまた、脂肪の代謝の活性化に役立つといわれているため、毎日体内に取り込むことがダイエットに役立つことになるでしょう。

コーヒーダイエットのやり方をご紹介!

コーヒーダイエットというと、「コーヒーでダイエット食をつくる」と思うかもしれませんね。
しかし、コーヒーダイエットはコーヒーでダイエット食をつくったり、難しい加工をしたりすることなく行える方法です。

コーヒーダイエットの基本は「飲むだけ」

コーヒーダイエットの基本は、食後にブラックコーヒーを飲むという単純なものです。
ここで肝心なのは、ミルクを加えないブラックの状態で飲むということです。
それは、乳成分のひとつ、カゼインという成分はクロロゲン酸と結合しやすく、コーヒーにミルクを加えることでクロロゲン酸の作用が弱まる可能性があるといわれているからです。
コーヒーの味や香りが苦手でミルクを入れたいという方は、いつもよりも少なめを心がけてダイエットに役立てることをおすすめします。
また、内臓の冷えを防ぐという観点から考えるなら、アイスよりもホットのほうがおすすめできるでしょう。

コーヒーは運動前にもおすすめ

コーヒーのカフェインやクロロゲン酸の作用をより高めたい場合には、運動前にコーヒーを飲んでおくという方法がおすすめです。
上記では、コーヒーの利尿作用について触れましたが、実はコーヒーには発汗作用もあるといわれているのです。
汗をかきさえすれば痩せるという考え方は間違っていますが、汗をかくことで水分代謝アップを狙えますし、美肌づくりにも役立つと、いいことだらけです。
また、汗をかくことがリフレッシュにつながることもあるでしょう。
普段から運動している方はもちろんのこと、ダイエットの一端として運動をしようとお考えの方は運動前にもコーヒーを飲んで、効率良くダイエットを行ってみてはいかがでしょうか。
同じ原理で、お風呂前のコーヒーもおすすめですよ。

ちょっと応用・バターコーヒーダイエット

バターはどのような種類でも全般的にカロリーが高いため、敬遠する方が多いのではないでしょうか。
しかし、カロリーが高いバターでも、少量をコーヒーに入れて1日1回程度摂るくらいなら、カロリーオーバーの心配はほぼなく、ダイエットの妨げにはなりにくいのです。
それでは、バターコーヒーダイエットの方法について簡単にご紹介しておきましょう。

・用意するもの
グラスフェッドバター、MTCオイル、コーヒー、ハンディーブレンダー

・バターコーヒーの作り方
1.やや大きめのマグカップでブラックコーヒーを作る
2.コーヒーにグラスフェッドバター10g程度とMTCオイル大さじ1杯程度を投入し、ハンディーブレンダーでかくはんする
ハンディーブレンダーでしばらくかくはんするとフワフワの泡ができますので、この状態になったらできあがりです。
グラスフェッドバターはインターネット通販や専門店で入手でき、一般的なバターと比べるとお値段が高めです。
それは、一般的なバターは穀物類を餌として育った牛からとれるのに対し、グラスフェッドバターは牧草で育った牛からとれるという違いがあるからです。
さらに、グラスフェッドバターは一般的なバターよりも不飽和脂肪酸のひとつ、オメガ3系脂肪酸の含有量が多いため、よりダイエットに役立つといわれているのです。
しかし、なるべく費用を抑えながらバターコーヒーを楽しみたいという方は、スーパーなどで販売されている無塩バターで代用してもかまいません。
MTCオイルは食品スーパーなどで購入でき、こちらもダイエット作用があるとされていますが、その他認知症予防などにも役立つといわれています。

バターコーヒーはどのタイミングで飲むのがベスト?

コーヒーダイエットは食事のあとに飲みますが、バターコーヒーダイエットは朝食代わりに飲むという違いがあります。
グラスフェッドバターやMTCオイルには空腹感の予防作用があるといわれていますので、朝飲んでおくことで昼食の食べすぎ予防にも役立ちそうですね。

なお、最近ではバターコーヒーダイエット用のコーヒーをインターネット通販で購入することもできます。
自分で材料を用意するのはめんどうな方は、このような製品を賢く活用してみるのもひとつの方法でしょう。

コーヒーダイエットの注意点について

コーヒーダイエットは、数あるダイエット法の中でも比較的実践しやすく、続けやすいというメリットがあります。
しかしその一方で、デメリットもないわけではないのです。

これだけは知っておこう!コーヒーダイエットのデメリット

それでは、コーヒーダイエットのデメリットや注意点についてご紹介していきますので、コーヒーダイエットを実践するならこれらについても頭に入れておいてくださいね。

飲みすぎると胃粘膜を荒らすリスク

コーヒーに含まれるクロロゲン酸はダイエットに役立つ成分ですが、胃に到達すると胃酸分泌を促す作用を発揮するため、飲みすぎると胃粘膜を荒らすリスクが高まります。
マグカップ1杯程度なら問題はないと思われますが、特に空腹時にコーヒーを飲む場合では飲みすぎないように注意しましょう。

ステインで歯の色がくすむことも

コーヒーにはステインという色素成分が含まれているため、1日に何杯も飲むと歯に色素が付着してくすむことがあります。
「歯の色がくすんだかも」と感じたら、丁寧に歯磨きをしてステインを落としておきましょう。

飲むだけで痩せるわけではない

コーヒーダイエットは魔法ではありませんので、実践したとしても食べ過ぎればダイエット作用が半減します。
ダイエットの基本は「低カロリーかつ栄養バランスが整った食事を摂る」という点にありますので、まずはこの食生活を守ることが重要です。

適度な運動も必要です

効率良くダイエットを成功に導きたいなら、適度な運動で脂肪の燃焼を促す工夫をすることも大切です。
「いつもより早足で歩く」「1駅分歩く」などの工夫だけでもかまいませんので、なるべく身体を動かしてカロリー消費することを心がけましょう。

まとめ

コーヒーダイエットまたはバターコーヒーダイエットは、少ない材料でお手軽に実践でき、しかも続けやすいというメリットがあります。
しかし、コーヒーを飲んだだけで痩せるわけではなく、ある程度の食事制限や運動もあわせて取り入れる必要があります。
また、コーヒーダイエットにはデメリットもありますので、この方法でダイエットをするなら、注意点やデメリットもよく理解した上で実践してくださいね。