【イエベブルベ診断】それぞれに似合うメイクとは?

皆さんは、メイクをしたり服を選んだりしている際に「この色似合わないかも?」という、ちょっとした違和感を感じることはありませんか?

実はその違和感は、あなたが持つパーソナルカラーと深く関係しているのです。そして、このパーソナルカラーを分けるひとつの基準として挙げられるのがイエベかブルベかということ。

自分がどちらの肌かを知ることで、普段のメイクがより楽しくなりますよ。まだ自分がイエベかブルベかわからない方は、ぜひ本記事を参考にチェツクしてみてくださいね。

1.そもそもイエベ/ブルベとは?

イエベとはイエローベースの略のことで、肌の色がイエロー寄りであること。一方ブルベとは、ブルーベースの略で、肌がブルー寄りであることをいいます。

しかし、「自分の肌はなんか黄色っぽいなぁ」というだけで簡単にイエベと判断することはできません。なぜなら、イエベブルベを判断する際に重視したいポイントは、どちらの色が自分に似合っているかという点なのです。

自分でそれを客観視することは難しいですから、さまざまな診断方法があるんですね。では、以下の項目から実際に診断していきましょう。鏡で自分の顔に向き合いながら、ぜひ気軽にトライしてみて下さいね。

2.イエベブルベ診断

【診断】

次のチェック項目で、AかBを選んでみてください。どちらが多いかでイエベブルベがわかります。

◻︎肌の赤みは?
A;あまり出ない
B;出やすく、目立つ

◻服の色は?
A;ビビットなどの鮮やかな色が似合う
B;パステル系の淡い色が似合う

◻︎手首の血管の色は?
A;緑や黄色っぽく見える
B;青っぽく見える

◻︎瞳のカラーは?
A;黒やダークブラウン
B;色素が薄いライトブラウン系

◻︎手のひらの色は?
A;みかんを食べた後のように黄色っぽい、オレンジがかっている
B;基本的には白く、赤やピンクっぽくなる時もある

【結果】

いかがでしたか?結果は以下の通りです。

Aが多かった場合;鮮やかなイエローやオレンジ、ベージュなどが似合う『イエベ肌』
Bが多かった場合;パープルやグレー、青みピンクなどの大人っぽい色味が似合う『ブルベ肌』

2-1.診断はプロに任せることもできる

ここ最近はイエベ/ブルベに着目したメイクが一般的になってきています。そのため、百貨店やコスメブランドなどの店舗カウンターで診断るすことができる場合も。より詳しく知りたいという方は、ぜひそのようなサービスにも足を運んでみてくださいね。

3.それぞれに似合うメイク

では、それぞれの肌に似合うメイクをこの項目で確認していきましょう。自分の持っているコスメアイテムのカラーと比較しながら見ていくことで、何をプラスすれば良いのかが見えてきますよ。

3-1.イエベ肌に似合うメイク

イエベの方がコスメを選ぶ際に着目したい点は、『イエローの要素が入っているかどうか』ということ。イエベ肌にイエロー要素のあるベージュコーラル系の色をのせると、肌の色としっかり調和するため、ナチュラルな仕上がりになるのです。
反対に白っぽい色のコスメは肌のくすみを目立たせてしまったり、肌馴染みが悪く浮いてしまうことも。

ただ、中には「肌をもっと白く見せたいな」という方もいらっしゃいますよね。そんな方に欠かせないのが、コントロールベースです。コントロールベースとは、下地の代わりに塗ることで肌の色を調節することができる優れもの。

イエベ肌の場合、くすみを飛ばして肌色をトーンアップさせることができるイエロー、または血色のある透明感を持たせることができるパープルなどがおすすめです。気になる方はぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

また、オレンジメイクなどはまさにイエベ肌の方にぴったり。普段のメイクで使用するチークやリップなどのポイントコスメには、単色や深いローズ系ではなくイエローやオレンジが少し混ざったカラーを選びましょう。

▼イエベの方におすすめのコスメ

1.リキッドアイシャドウ02(to/one)

個性ある目元を演出しながらも、細かなパールが女性らしさも醸し出す、ベージュをベースにした02カラー。肌馴染みの良いリキッドならではのヘルシーなツヤ感もイエベ肌と相性抜群です。

2.スーパーラストラスリップスティック103(レブロン)

ピーチピンクで普段使いもしやすいレブロンのリップスティックです。オレンジ要素が入っているため、流行も抑えつつとろけるような使い心地で、多くの女性から指示を集める人気アイテムです。

3.モイスチュアライジングファンデプライマーN(ポールアンドジョー)

定番のポールアンドジョーの下地は、02番がイエベ肌と相性◎美容液のようなテクスチャーで潤いのある肌をキープしてくれる優れものなので、ベースメイク難民の方にはぜひ1度試していただきたいアイテムです。

3-2.ブルベ肌に似合うメイク

イエベに比べると肌の色が白く、クールでスタイリッシュな印象を持たれがちなブルベ肌。コスメを選ぶ際に注意したいのは、ズバリ『ピンクがかったカラーを選ぶ』ということ。ブルベ肌にピンクをのせると、とてもナチュラルな血色感を演出してくれるのです。
「もっとヘルシーに見せたい!」という理由でイエベに合うコスメを使うと、不自然に黄味がかったりくすみになってしまったりと、逆に不健康な仕上がりになってしまいます。

また、ブルベ肌の方が肌トラブルが起きた際は、赤みが目立ちがちですよね。そのような場合に役に立つのが、先ほどイエベの際にも紹介したコントロールカラーです。赤みを消したい場合はブルーのコントロールカラーを使用することで、ナチュラルにカバーすることができますよ。

ポイントメイクにはピンク系またはブラック系が相性抜群です。アイメイクをブラックやピンクで統一してみたり、深いローズ系の赤リップを使用してみたり、青みピンク以外にも色白なブルベ肌さんに映えるコスメはたくさんあります。ここ最近でいうと、話題のピンクメイクにもトライしてみるのもおすすめです。

▼ブルベの方におすすめのコスメ

1.チークポップ(クリニーク)

豊富なカラーを展開するクリニークのチークポップ。シアーな雰囲気の新作ペールピンクの他に、15番のパンジーポップもおすすめです。ピンクよりも甘さを控えたい時にはぜひ使いたいアイテムですね。

2.ルージュアンリミテッドマット(Shuuemura)

マットなメイクも似合うブルベ肌には、鮮やかな深みのあるレッドが相性抜群です。Shuuemuraのリップはマットタイプかツヤタイプかを選ぶことができますが、ぜひこれを機会にマットなアイテムにも挑戦してみてくださいね。

4.まとめ


自分の肌がイエベかブルベかを知った上で適切なメイクをすると、どこか自信がついてきませんか?
ただ、自分に似合うパーソナルカラーは、イエベ/ブルベだけで決まるものではありません。そこから春夏秋冬と細分化していくことで、より似合う色の幅も増えていくのです。

奥が深いメイクやコスメの世界。本記事をきっかけに、ぜひ新しいメイクやファッションに挑戦してみてくださいね。