奥二重のための韓国メイク!押さえるべき3つのポイントとは?

ここ数年でブームになった韓国メイク。横幅のあるアイメイクと平行眉などが印象的で、どこかあどけない可愛らしさもある今や定番のメイクです。そして実は、そんな韓国メイクは奥二重の方にぴったり。ちょっとしたコツを抑えれば、甘くなりすぎず柔らかな印象を演出することができるんです。

そこで今回は、奥二重の魅力を最大限に生かした韓国風アイメイクをご紹介します。ぜひ本記事を参考に、韓国メイクにトライしてみてくださいね。

奥二重を生かした韓国風アイメイクの方法

 

この投稿をInstagramで見る

 

장혜지니(@hxxiiu)がシェアした投稿 – 2020年 8月月29日午前12時32分PDT

実際に韓国アイドルや女優の方を見てみると、縦幅の広いぱっちりメイクというよりは、甘すぎないナチュラルな目元が印象的です。むしろ、切れ長でクールな目元の方も多いですよね。
つまり、韓国アイメイクの最大のポイントは、『縦幅ではなく横幅を意識したアイメイク』であることなんです。アイプチは必要ありません、奥二重の魅力を最大限に生かしてアイメイクしていきましょう。

では、早速以下の項目から奥二重の方の韓国風アイメイクの方法を解説していきます。

3つのステップを抑えて韓国風の目元を叶える

アイメイクを作る際は、以下の3つのステップを抑えましょう。

1.まずアイシャドウをのせていく

アイホール全体の広範囲にベージュカラーをのせていきます。この時、下まぶたにも0.5mmくらいの幅で同じカラーをのせてあげましょう。ここを塗っておくことで目に横幅を持たせることができます。*パンダ目にならないようにうっすら力を入れずに塗ってあげると◎

 

この投稿をInstagramで見る

 

miko(@miko_makeup)がシェアした投稿 – 2019年 2月月10日午前12時49分PST

次に、ベージュよりも濃いブラウンカラーを『目を開いた時に見えるくらい』の範囲に塗っていきます。付属のチップやアイシャドウブラシで塗った時の幅が目安です。最後に、先に塗ったベージュカラーとの境目をぼかして仕上げましょう。

2.アイライナーでまぶたの縁と目尻にラインを描いていく

 

この投稿をInstagramで見る

 

영스토리 youngstory(@young.story)がシェアした投稿 – 2020年 2月月24日午前5時42分PST

目を大きく見せようと、アイライナーを濃く太く描いてしまうのはNGです。あくまで意識するのは『横幅を広く見せる』ということ。
具体的には、細い線で少し長めに。目尻は跳ね上げずに目の形に沿って横に伸ばしましょう。ダークブラウンのシャドウで境目をぼかして馴染ませればOKです。

3.ビューラーでしっかりとまつ毛を上げたあとマスカラを塗っていく

 

この投稿をInstagramで見る

 

에미🌹Emi 一重メイク(@chanm.i)がシェアした投稿 – 2020年 2月月19日午後11時55分PST

最後に、ビューラーでまつ毛を上げて、マスカラを塗って完成です。まつ毛を上げる際に気をつけたいのが、『根元からしっかり上げる』ということ。まつ毛がしっかり上がっていると瞼が引っ張られ、物理的に目も大きく見えるんです。

奥二重の韓国メイクに使うアイテム選び

では、合わせて韓国のアイメイクに使うアイテム選びのコツを見ていきましょう。定番おすすめコスメも合わせて紹介しますので、自分のものと照らし合わせて参考にしてみてくださいね。

迷ったら色はブラウン系で統一

奥二重の人が韓国風のアイメイクをする際は、ひとまずダークブラウンで統一するのがおすすめです。黒だとクールで重すぎる印象になる一方で、ブラウンだと明るすぎてぼんやりとした印象になってしまいます。
オルチャン風メイクは、クールさも兼ね備えつつどこかあどけない印象を演出するのがポイント。カラーは使いやすいダークブラウンをチョイスしましょう。

▼ショコラスウィート ソフトマット(RIMMEL LONDON)

 

この投稿をInstagramで見る

 

RIMMEL LONDON(@rimmellondon_jp)がシェアした投稿 – 2020年 3月月24日午前3時00分PDT

程よいダークブラウンカラーが揃ったRIMMELのシャドウ。そのまま色を重ねていけば良いので、失敗もなくナチュラルにグラデーションを仕上げることができます。肌馴染みも良くぴったり密着してくれるので、メイクも崩れにくく◎

アイライナーはリキッドタイプがおすすめ

奥二重の良さを活かすにも、アイライナーはぜひリキッドタイプを使ってみてください。伸びが良いテクスチャーであると、より目尻の跳ね上げラインをきれいに描くことができますよ。

▼極細アイライナーR(セザンヌ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

セザンヌ化粧品(@cezannecosmetics)がシェアした投稿 – 2020年 2月月25日午前12時04分PST

リキッドタイプに加え、極細タイプであるとさらに使いやすさ抜群です。目尻の細いラインも思いのままに書くことができますよ。セザンヌのアイライナーはコスパも非常に良いので、ぜひ1本持っておいて損はないでしょう。

マスカラはボリューム感の出るアイテムを

メイクの完成イメージにもよりますが、まつ毛はしっかりと上がっていてボリュームがあると韓国風メイクにより近づくことができます。特に、韓国アイドルのようなオルチャンメイクを目指すのであれば、数回に分けて重ね塗りしてみるのも良いでしょう。

ただ、ナチュラルに仕上げたい場合でもしっかりとまつ毛全体が扇型になっていることが大切です。ビューラーも、奥二重の目にフィットするものを選んでくださいね。

▼ラッシュパームカールフィクスマスカラ(エチュードハウス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

エチュード 公式アカウント(@etudejapan)がシェアした投稿 – 2020年 3月月1日午後7時23分PST

韓国コスメの定番エチュードハウスからは、なりたいまつ毛に合わせて3種類の中からマスカラを選部ことができます。すべての種類にそれぞれダークブラウンを含めた3色展開しているのでその日のメイクに合わせて使うアイテムを変えてみるのもおすすめです。

その他のパーツメイクは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

🤎

Jenny(@jen__ny7)がシェアした投稿 – 2020年 4月月11日午前6時12分PDT

では、アイメイク以外にも韓国メイクのポイントをおさらいしておきましょう。

ベースメイクはトレンドのツヤ肌

韓国ベースメイクの定番は、白くモチモチとしたツヤ肌です。ツヤ肌を作るには、水分量の多いテクスチャーのアイテムを選んであげると良いでしょう。具体的には、クッションファンデやリキッドファンデがおすすめです。

「混合肌または脂性肌で、水分の多いものは使いたくない」という方は、一番最初に皮脂崩れ防止下地を使うとメイク崩れを防ぐことができますよ。

また、白い肌を作るには、カバー力の高いファンデやトーンアップ下地、またはコントロールカラーを使用して肌のくすみを飛ばして上げると◎

眉毛は平行眉で柔らかな印象に

韓国メイクの特徴のひとつに挙げられるのが平行眉です。ナチュラルな太さと角のない真っ直ぐな眉は、顔に柔らかな印象を与えてくれます。
最後はアイブロウパウダーなどを使用して、自まつ毛に馴染ませるように仕上げましょう。

リップはグラデーションででツヤ感のあるものを

リップは2〜3種類のカラーを使用して、外から内にだんだん濃くなるイメージでグラデーションを作っていきます。色と色の境目は綿棒でぼかしてあげるとよりナチュラルに仕上がりますよ。

また、グロスとリップスティックの2本を使えば、同じカラーでもきれいにグラデーションが出来上がります。その際は、全体にグロスを塗る→中心あたりにリップスティックで色をつける→ぼかすの順番でトライしてみてくださいね。

自分の目の形や奥二重を生かしたアイメイクを

今回は、奥二重の韓国アイメイクについてご紹介しました。メイクは自分が本来持つ顔のパーツを最大限に生かすのがポイント。
韓国メイクは、まさに奥二重の方にぴったりのメイクだということがわかっていただけたのではないでしょうか。ぜひ本記事を参考に、韓国メイクに挑戦してみてくださいね。

記事を読む中で「自分は奥二重というより一重寄りかな…」と感じた方は、ぜひ以下の記事も合わせてチェックしてみてください。一重の方にぴったりの韓国風アイメイクについて徹底解説しています。