チャイボーグメイク【中国メイク】とは?やり方と5つのポイントを解説!

SNSを中心に話題のチャイボーグメイク(中国メイク)。日本ではここ数年、オルチャンメイク(韓国メイク)が流行っていましたが、次のトレンドはチャイボーグメイクと言われています。
そこで今回は、チャイボーグメイクを作るための5つの特徴とやり方を徹底解剖していきます!ぜひ本記事をきっかけに、みなさんもチャイボーグメイクに挑戦してみてくださいね。無敵の可愛さはきっと自信に繋がりますよ。

そもそもチャイボーグメイクって?

そもそもチャイボーグメイクとは、「チャイナ」と「サイボーグ」を組み合わせた造語のことで、サイボーグのような中国美人の美しさを表現した言葉なんだとか。確かに、メイクをしっかりとした中国の女性ってどこか隙のない美しさを感じますよね。

チャイボーグメイクの5つの特徴とは?

チャイボーグメイクは、日本や韓国で一般的なふんわり感や血色感などが一切なく、できるだけシンプルでありながら華やかなイメージです。特徴としては以下の5つのポイントが挙げられます。

①隙のない陶器肌
②メリハリのある彫り深い顔立ち
③意思のあるキリッとした眉
④跳ね上げラインと赤みシャドウで強めな目元
⑤輪郭くっきりの赤リップ

この特徴だけみても、十分に中国メイクの美しさが伝わりますよね。次の項目からおすすめのコスメもご紹介していきますので、あわせてぜひ参考にしてみてください。

チャイボーグのやり方を徹底解説!

では、早速チャイボーグメイクの方法をみていきましょう!ちなみにチャイボーグメイクは意思のあるキリッとした目元が印象的なので、一重や奥二重の方にぴったりなんです。ぜひそれぞれの目の形を最大限に生かせるメイクを楽しんでみてくださいね。

①隙のない陶器肌

肌の質感はいつもよりできる限りマット、いわゆる陶器肌に仕上げてツヤ感を抑えます。色は白いのが特徴なので、ラベンダーなどのトーンアップ下地やコントロールカラーで肌色を調整しましょう。
ファンデーションの上からフェイスパウダーをふんわりつけてOKです!ファンデがリキッドしかない場合には、特にフェイスパウダーを多く叩いてツヤ感を消します。

▼おすすめアイテム(スキン フォーエヴァー フルイド マット/Dior)

肌なじみがよくすっと伸びるDiorのファンデ。マットタイプはチャイボーグメイクにぴったりで、長時間陶器肌をキープしてくれる優れものです。

②メリハリのある彫り深い顔立ち

シェーディングとハイライトを使用して、凹凸がしっかりある彫りの深い顔立ちに仕上げていきましょう。顎、頬骨にシェーディング、顎と鼻筋にパールが含まれたハイライトをのせていきます。

*目元とリップのポイントメイクでしっかり華やさを演出できるので、チークは頬骨上部分に少しつけるか、つけないか程度にとどめておきます。チークも目立たせてしまうと引きのないメイクでまとまりがなくなってしまいます!

▼おすすめアイテム(シェーディングハイライト/Three)

シェーディング&ハイライト商品の中でも人気が高くリピーターも多いThree。オーガニックコスメで肌にも優しく、敏感肌でも安心して使えるアイテムです。

③意思のあるキリッとした眉

まず、スクリューブラシで眉毛の流れを整えます。眉頭はうっすら力を入れずに書き、目尻から上に伸びた延長線上に眉山が来るように眉毛を書いていきます。いつもより長めにアーチ型を書くのがポイントです。

▼おすすめアイテム(アイブロウパウダー07/インディケイト)

眉はパウダータイプがおすすめです。キリッとした目元でもパウダーなら程よい抜け感も演出することができます。3色ありますが、一番くらいダークカラーで引き締めましょう。足りない部分はペンシルで足してもOKです。

④跳ね上げラインと赤みシャドウで強めな目元

チャイボーグはアイメイクは非常に大切です。ということでこの項目では、アイシャドウ、まつげ、アイラインと、パーツごとに解説していきます。

アイシャドウ

まずアイシャドウは、いつも通り薄い色からアイホール全体に塗っていきます。できるだけ目の横幅を強調させたいので、目尻まで広範囲に塗ってみましょう。
次に赤をグラデーションになるように塗っていきます。二重の方は二重幅の部分、一重や奥二重の方は目を閉じた時に見える幅を意識してみてください。下まぶたにも同じように、薄くアイシャドウをオンします。(パンダ目にならないよう注意!)

▼おすすめアイテム(ローズモーメント/VAVIMELLO)

程よくラメの入った赤系シャドウで華やかなチャイボーグアイメイクを作るのに欠かせないVAVIMELLO。豊富な色の中から、気分によって選べるのも嬉しいですね。

まつげ

まつげは可憐な美しさを表現できるロングタイプで塗っていきましょう。しっかり下まつげにも塗って強めな目元に仕上げていきます。

▼おすすめアイテム(ラッシュニスタ N 01/メイベリン)

ロングマスカラの中でも定番メイベリンは、しっかりセパレートした仕上がりが魅力です。1本1本にしっかりボリュームが出てくれるので、まつげの薄さに悩む方にもおすすめですよ。

アイライン

まつげとまつげの隙間をうめたら、リキッドライナーで跳ね上げラインを書いていきます。チャイボーグのアイメイクは、眉メイクと同様に黒や暗めの色が定番です。

▼おすすめアイテム(ハイパーシャープライナーR/メイベリン)

筆の部分が非常に細く、書きやすさ抜群のハイパーシャープライナー。するすると伸びの良い書き心地で初心者でも使いこなしやすい1本です。

⑤輪郭くっきりの赤リップ

最後に赤リップでリップを仕上げて完成です!輪郭や唇山をくっきりさせたいので、チップが付属のもの、またはメイクツールを使用するのがおすすめです。
メイクツールに関しての記事はぜひこちらからご覧ください。
メイクブラシの使い方をパーツ別に解説!初心者必見

▼おすすめアイテム(マラケシュ/mac)

チャイボーグメイクのリップは、発色命です!みたままの発色を叶えてくれるデパコスアイテムを贅沢にチョイスしてみるのもおすすめです。

チャイボーグメイクで無敵の可愛さを手に入れて

隙のない美しさを持つ中国美人。チャイボーグでそんな美しさに近づけるかもと、その人気はじわじわと浸透し始めています。ぜひみなさんも、今話題のチャイボーグメイクに挑戦してみてくださいね。