BBクリームとCCクリームの違いって?それぞれのメリット・デメリットや使い分け方も解説

ベースメイクの定番アイテムとして人気を集めているBBクリームとCCクリーム。
でも、この2つの違いを知らないまま、ただなんとなく使っている人もいるのでは?

そこで今回は、BBクリームとCCクリームの違いについて解説し、それぞれのメリット・デメリット、どんなときにどちらを使うべきかなどをわかりやすくまとめました。いつものベースメイクをワンランク上の出来栄えにしたい人は、ぜひ参考にしてください。

BBクリームとCCクリームの違いは?

BBクリームとCCクリーム。
どちらも優秀なベースメイクアイテムですが、その違いをきちんと理解して使い分けないと、それぞれの力を十分に発揮することはできません。まずは2つの違いをハッキリさせましょう!

BBクリームとは

BBクリームの「BB」とは、ブレミッシュバーム(Blemish Balm)の略のこと。
Blemishは「傷」や「欠点」という意味で、1960年にドイツの皮膚科医が傷跡などを隠すために処方した軟膏が最初のBBクリームです。それがいつしかベースメイクアイテムとして進化し、今や大人気かつ定番のアイテムとなったわけですね。

そんなBBクリームの役割は、大雑把に言うと下地+コンシーラー+ファンデーション
これ1つでベースをしっかり完成できるうえにカバー力も期待できるため、優秀な時短アイテムと言えます。

CCクリームとは

CCクリームの「CC」は、カラーコントロール(Color Control)、あるいは
ケアコントロール(Care Control)の略。その名前の通り、スキンケアと肌色補正をメインとしたベースアイテムです。

とはいえ、実際の定義はメーカー・ブランドによってさまざま。
日焼け止め効果があるものも珍しくないですし、美白ケアやエイジングケアなど、特定の肌悩みケアに特化したCCクリームもたくさんあります。BBクリームほどのカバー力はありませんが、肌色をコントロールすることでメイクの仕上がりに大きく貢献できるため、ぜひとも取り入れたいアイテムです。

こんなときはどっちを使う?それぞれのメリット・デメリットを知ろう!

次に、具体的なケースにおいてBBクリームとCCクリームのどちらが向いているのか、それぞれのメリット・デメリットも交えながら解説します。

1本で手軽に!でもしっかりカバーしたい!

忙しい朝、メイクにかける時間はなるべく短くしたいですよね。とはいえ、適当メイクで肌のアラが目立ってはメイクの意味がありません。
そんな時、【きっちりメイク】【手軽さ】の両方を叶えてくれるのがBBクリーム。肌の凹凸や気になる毛穴もきちんとカバーし、1本でファンデーションまで完了できるので、忙しい朝の心強い味方です。

この手軽さこそ、BBクリームの最大のメリットと言えるでしょう。お手軽メイクにカバー力を求めるなら、BBクリームで決まりです。

ナチュラルな素肌感をキレイに演出したい!

がっつりメイクよりナチュラルさや素肌感を活かしたメイクがしたい、なんていうときはCCクリームがおすすめ。カバー力こそBBクリームに劣りますが、肌色補正によって気になる赤みやくすみを自然に隠してくれます。
ほど良いツヤ感もプラスされるので、ナチュラルなのになめらかな美肌をかなえられるでしょう。CCクリームのメリットはこのナチュラルさであり、肌全体をトーンアップさせることで素肌そのものがキレイになったように見せてくれます。

メイクは初心者……簡単にキレイになりたい!

簡単にキレイな肌に仕上げるなら、BBクリームが一番。すでに説明したように、1本で手軽に、けれどしっかりカバーしてくれるので、メイク初心者さんにもおすすめです。

ただし、BBクリームのテクスチャー自体はやや重め
塗布量を間違えてしまうとすぐに「塗ってます感」が出てしまい、厚塗りメイクに見えてしまうのが残念なポイントです。

さらに、普通のファンデーションと比べるとカラー展開が少ないのもデメリットの一つ。BBクリームはテスターやサンプルなどで色味を入念チェックしてから購入するようにし、実際に使う時は塗り過ぎないように少しずつ重ねていくようにしましょう。

重苦しいのは苦手……軽やかに仕上げたい!

軽やかなテクスチャーといえばCCクリームの特徴の一つでもあります。
厚塗り感や重たいテクスチャーが苦手なら、BBクリームよりCCクリームが使いやすいでしょう。

ただし、塗布量が少ないとノーメイクに見えてしまうことも。薄付きだからこそ、落ちやすいというデメリットもあります。CCクリームはファンデまでできるBBクリームと違い、あくまでも下地アイテム。
きちんとした場でのメイクやオフィスメイクの場合、CCクリーム1本だけではこころもとないかもしれません。
また、塗り方や商品によっては白浮きしやすい点もCCクリームのデメリットです。
白浮きのしにくさを売りにしているCCクリームも少なくないので、選ぶ際は商品説明やポップなどを確認しましょう。

まとめ

BBクリームとCCクリームはベースメイクを格上げしてくれるアイテムであり、BBクリームはカバー力、CCクリームはナチュラル感が特徴です。

どちらも優秀なアイテムなので、違いをしっかり理解したうえで賢く毎日のメイクに取り入れたいですよね。それぞれ1本持っておけば気分やシーンによってメイクを変えることができるので、損はありません。あなたにピッタリのBBクリームとCCクリームを探してみてくださいね。