【うねり・広がり】梅雨に負けない髪の毛を簡単ヘアケアで手に入れよう!

  • 2020年6月18日
  • 2020年6月18日
  • 142view

「湿気のせいでうねる髪をなんとかしたい!」
「朝せっかく巻いたのに、カールがもう取れちゃった…」
「梅雨は髪の毛が思い通りにならないから、テンションが下がる…」

雨の日が多くなる梅雨の時期は、髪の毛の悩みが増える季節でもあります。

髪のうねり・広がりは、湿度が高くジメジメした気温によって、髪の毛に余分な水分が入り込んでしまうことから発生しています。
しかし、梅雨時期の髪のうねり・広がりを諦めるしかないのかというと、そうではありません。正しいヘアケア対策をおこなえば、湿気に負けない髪の毛を手に入れることができます!

対策方法は難しいことではなく、「ドライヤーのかけ方を変える」「髪型に合わせたスタイリング剤を使う」といった簡単な方法です。いつものヘアケアを少し工夫するだけで、梅雨の髪トラブルは改善できる可能性が高くなります。

今日からでもできるお手軽テクニックとなっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

髪が広がる・うねる原因は「髪質」&「ダメージヘア」

まずは、梅雨時期に髪が広がる・うねる原因について詳しく解説します。

広がる・うねるのは、空気中に漂う湿気から髪の毛が余分な水分を吸収してしまうためです。そして水分を吸収しやすい髪の毛には2つの特徴があります。

ひとつは髪質によるもので、くせ毛やねこっ毛は水分を吸収しやすい構造となっています。
髪内部にはタンパク質が存在し、このタンパク質こそが水分を吸収しています。くせ毛やねこっ毛の場合、髪内部のタンパク質の分布に偏りがあり、水分の吸収のされ方が直毛とは異なるのです。
そのため、湿気により髪が水分を吸収したときに、広がり・うねりが激しくなるという傾向があります。

ふたつめの特徴は、ダメージヘアによるものです。
カラーやパーマでキューティクルが傷ついたダメージヘアは、髪がスカスカになっています。スカスカの部分には水分が入り込みやすくなるため、広がり・うねりを招いてしまうのです。

今日からできる簡単ヘアケアで梅雨対策

髪が広がる・うねる原因がわかったところで、具体的なヘアケア方法についてご紹介します。

シャンプーを見直してみる

ヘアケアの重要な要素となるのがシャンプーです。
シャンプーにはさらさらタイプ・まとまるタイプなどがありますが、湿気の多い時期にはまとまるタイプが向いています。まとまるタイプのシャンプーは、髪内部の水分をキープする力に優れているため、湿気から余分な水分を吸収しにくくなります。

ドライヤーのひと手間で髪は変わる

ダメージヘアを防ぐためには、ドライヤーをかけるときの工夫も必要です。
濡れたままの髪はダメージヘアになりやすいため、髪の毛はすぐ乾かすことをおすすめします。髪は熱により傷みやすくなるため、ヘアオイルを付けてからドライヤーをかけると熱風から髪を守ることができます。
また、乾かすときは髪の内側からドライヤーをかけるようにすると、髪の根元部分は空気を含むためペチャンコになりにくく、毛先は重力でストンとまっすぐになりますよ。

ストレート・巻き髪それぞれに合ったスタイリング

雨の日は崩れやすい髪型も、セット後のひと手間とスタイリング剤で改善できます。
巻き髪は、コテで巻いたあと少し冷ましてから髪をほぐすようにしましょう。そしてスタイリング剤はスプレータイプを使うと、髪がフワッとしたままカールが取れにくくなります。

ストレートヘアは、セット後にクリーム系かオイル系のスタイリング剤を使うのがおすすめです。クリームやオイルのように重めの質感は、髪の広がりを抑えます。
また、くしなどを使ってまめにブラッシングをすると、髪の水分が均等に保たれて湿気による影響を受けにくくなるので、試してみてください。

ヘアオイルとヘアトリートメントは梅雨に欠かせない

ヘアオイルと洗い流さないヘアトリートメントは、得られる効果が違うのをご存知でしょうか?一見同じようで違う効果がありますので、好みに合わせて使い分けるのがおすすめです。

まず、ヘアオイルには髪の毛のボリュームダウン・ツヤ感をだすといった効果を期待できます。髪の毛を外からコーティングする役割を持っていますので、ドライヤーなどによる熱ダメージを防げるんです。「髪が広がる」「髪がまとまらない」というお悩みを持っている方に向いています。

つづいて洗い流さないヘアトリートメントは、髪の毛のダメージ修復がメインの効果となります。ヘアオイルが外側から働きかけるのに対して、ヘアトリートメントは内側から作用します。パサパサしている髪や、ダメージが気になる髪に使うのが向いています。ヘアオイルよりベタベタせず使えるので、軽い質感が好きな方にもおすすめです。

まとめ

今回は、髪のうねり・広がり対策として使える簡単なヘアケア方法をご紹介しました。

梅雨になると髪の悩みが増えて、憂鬱な気分になる方も多いと思います。
シャンプーを見直す、ドライヤーのかけ方を工夫する、ヘアスタイリング剤を使い分けるといった、ちょっとしたテクニックで髪の状態はバツグンに良くなります!

髪のうねり・広がりを防ぐためにも、ぜひ今回ご紹介したヘアケアを試してみてくださいね!