クレンジングの種類の正しい選び方 あなたの肌質に合うのはどれ?

この記事は、「クレンジングは肌質別に使い分けるのが良いと聞いたことはあるけど、実際に自分に合う物がわからない!」と悩む女性の皆さんに向けて書いたものです。

皆さんがご存知の通り、クレンジングとひとくちに言っても、ジェルタイプやオイルタイプなど、その種類はさまざまです。しかし、自分の肌に合わないクレンジングの使用は、時に肌荒れや乾燥の原因となることも…肌にストレスのないスキンケアを行うためにも、しっかりと正しい選び方を身につけましょう。

あなたの肌質に合う種類はどれ?それぞれのクレンジングの特徴

クレンジングは主に以下の6種類があり、それぞれのタイプによって洗浄力や使い心地も大きく異なります。メーカーにもよりますが、洗浄力は高い方から順に、オイルタイプ/バームタイプ → クリームタイプ →ミルクタイプ →ジェルタイプ→ローションタイプとなっています。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

・オイルタイプ
クレンジングの種類の中で最も洗浄力が高いタイプ。そのため、がっつりメイクもスルスルと簡単に落とすことができます。しかしその一方で、ほとんどのものに界面活性剤という乾燥の原因となる成分が含まれています。人によっては、多用することで肌に負担を与えてしまう場合も。

・バームタイプ
固形状態のクレンジングが体温で溶け、オイル状に変化するバームタイプ。とろけるような使い心地と洗浄力の高さで、ここ数年話題になっているクレンジングです。肌なじみが良いことから、クレンジングをしながらのマッサージにも最適な種類と言われています。

・ジェルタイプ
摩擦を起こさずに、他の種類よりも低刺激でメイクを落とすことができるジェルタイプ。ニキビなどの肌トラブルに悩む女性でも使いやすいというメリットがある一方で、濃いメイクを完全に落とすことができません。メイクの落とし残しは肌荒れの原因のひとつとなるので、濃いメイクの日は使用を控えるのがベター。

・ミルクタイプ
使用しやすいトロッとしたテクスチャーで、しっとりとした洗い上がりが最大の特徴であるミルクタイプ。お湯で流すタイプと、拭き取るだけで良いタイプの2種類があります。ジェルタイプと同様に洗浄力はあまり高くないため、ナチュラルメイクの方におすすめです。

・クリームタイプ
肌に必要な皮脂や潤いを残したままクレンジングできるタイプ。クリームと言われている通り、その洗い上がりは非常にしっとりとしており、中には保湿成分を含んでいるものも多くあります。ただ、ダブル洗顔が必要なアイテムもあるので商品の性質をしっかりと理解した上で正しく使用することが大切です。

・シートタイプ
旅行先やちょっとした出先で欠かせないシートタイプ。洗い流す必要もないので、クレンジングが面倒な日にはとても便利ですよね。しかし、濃いメイクをゴシゴシこするように落としてしまうと、肌に大きな負担がかかってしまいます。使用頻度は少なめが良いでしょう。

クレンジングの種類について書かた記事中のイメージ画像です。

肌質で選ぶおすすめのクレンジングタイプ

クレンジングを選ぶ前に、自分の肌質について詳しく知ることが大切です。肌質には、大きく分けて乾燥肌、オイリー肌、混合肌、敏感肌の4タイプがあり、その中でもトラブル肌、保湿不足肌など、さまざまなタイプに分類することができます。

この項目では、自分の肌質を簡単に見極める方法と、それぞれに最適なクレンジングの種類を紹介します。

乾燥肌・敏感肌;クリームタイプ

乾燥肌の特徴として、洗顔後につっぱりを感じたりカサカサする肌触りになる、小さなシワが目立つなどの症状が挙げられます。また、乾燥肌がさらに進むと、肌のバリア機能が低下した状態の敏感肌になります。化粧水がしみたり肌トラブルが多い方は敏感肌に当てはまります。

これらの症状は肌の水分量が不足することで現れるもので、クレンジングの種類は摩擦を起こさないクリームタイプがベストです。柔らかいテクスチャーのクリームタイプで優しく肌を撫でるようにクレンジングすることで、肌に必要な潤いを残した状態の洗い上がりになりますよ。

オイリー肌(脂性肌);オイルタイプ、バームタイプ

肌の水分量や皮脂量が多いオイリー肌。日常生活の中で、午後になると額がテカテカしてしまったり、皮脂の分泌によって頬などがギトギトしてしまう方はオイリー肌に当てはまります。
そんなオイリー肌の皆さんは、メイクはもちろん余分な皮脂もしっかりと落とせる洗浄力の高いオイルタイプ、バームタイプを選びましょう。

混合肌;ジェルタイプ、ミルクタイプ

額はテカテカしてるのに頬は乾燥していたりと、顔の中でも部分的に異なった特徴を持つのが混合肌。これらの原因は、肌のバリア機能が過剰に働くことで起こるもの。そのため、クレンジングにはできるだけ刺激の少ないジェルタイプ、ミルクタイプがベター。

ただ、ジェルタイプやミルクタイプを使用した後につっぱるような感覚がある方は、ベースの肌質が乾燥肌ということ。そういった場合にはクリームタイプに変更することで改善されますよ。

まとめ

きれいで透明感のある肌は洗顔や正しいクレンジングがベースとなっています。
そして、きれいな肌を保つには日常生活の中で自分の肌に向きあうことがとても大切です。
年齢による変化はもちろん、季節や気候によって定期的にクレンジングの種類を見直してみましょう。自分にあった種類のクレンジングを使用することで、みるみるうちに肌に良い変化が見えてきますよ。