【髪の長さ別】寝ぐせの最適な直し方を伝授!ドライヤーなしの方法も

忙しい朝にはとてもやっかいな寝ぐせ直し。

時には「どうやって寝たらこんな寝ぐせがつくの?」と思うほど、髪があちこちハネたり爆発していた経験がある方もいるのではないでしょうか?

今回は、時間がない朝でもできる寝ぐせ直しの方法を、髪の長さ別にご紹介します。ドライヤーなしで寝ぐせを直す裏ワザもまとめていますので、ぜひご覧ください!

髪の長さ別!寝ぐせ直しの方法

髪の長さによって、寝ぐせの付き方や最適な直し方は少しずつ異なります。時短&手間を減らせる寝ぐせ直しの方法を、ショートヘアからロングヘアまで髪の長さ別にご紹介します。

ショート&ボブ

髪の毛が「全体的に爆発型」が多いのが、ショートヘアやボブの髪型です。髪が短い場合の最適な寝ぐせ直しは、シャワーで頭全体を濡らしてしまい、ドライヤーで乾かす方法です!

頭全体を濡らすのは一見手間のように思えますが、髪の根元を濡らすことで寝ぐせは一気にリセットされます。ショートヘアならドライヤーで髪を乾かす時間はそこまでかからないため、一番効率的で間違いない方法です。

ミディアム

ミディアムヘアは、朝起きると根元が浮いたり髪がうねっていたりします。
まずはブラッシングをおこない、寝ぐせが付いている毛束を確かめます。次に、寝ぐせが付いている毛束の根元から毛先までをお湯でしっかり濡らし、ドライヤーで乾かしましょう!

このとき、毛先だけを濡らして乾かさないように気を付けてください。毛先だけハネているように見えても、実は寝ぐせは髪の根元から付いています。根元から濡らして乾かすと、毛先の寝ぐせもなくなりますのでぜひ試してみてください。

ロング

ロングヘアの場合も、ミディアムヘアと同じ行程で寝ぐせを直します。
ブラッシングしたあとに寝ぐせの付いている毛束をとり、根元からしっかりと濡らしてドライヤーで乾かしましょう。
寝ぐせ直しウォーターを使う場合は、吹きかけてから髪にコームを通すと、トリートメント成分が髪に行きわたります。ドライヤーで乾かすときは、髪を引っ張りながらブローすると寝ぐせが取れやすくなるのでおすすめです。

どうにもならないときは髪をしばっちゃう!

ミディアムヘア・ロングヘアであれば、髪を縛ってしまえば寝ぐせは分かりません。
特に、髪の根元中心に寝ぐせが目立つのであれば、ポニーテールなどで髪をまとめることで解決します。毛先のハネなどが気になる場合は、お団子ヘアやシニヨンヘアで隠してしまいましょう。

ドライヤーなしで寝ぐせを直すなら“蒸しタオル”

「ドライヤーで丁寧に直している時間すらない!」「外出先なので手元にドライヤーがない」というときにおすすめなのが、蒸しタオルで寝ぐせを直す方法です。蒸しタオルで髪を包むことで、温かい蒸気が髪の根元をしっとりと湿らせ、寝ぐせを和らげてくれます。

蒸しタオルのつくり方はとっても簡単です。
まず、タオルを濡らして固くしぼり、ジップロックにいれます。ジップロックに入ったタオルを、電子レンジで約30秒~1分程度チンすると完成です。外出先の場合は、お湯で濡らしたハンカチをしぼると蒸しタオルの代わりに使えます。

蒸しタオルで頭を包んで約10分放置し、その後ブラッシングしてください。
お湯で濡らしたハンカチの場合は、寝ぐせが気になる毛束の根元を包んでください。蒸しタオルを髪に巻いている間は、他のことができるので忙しい朝にはぴったりな方法です。

寝ぐせを付きにくくするには寝る前の準備が大切

朝の寝ぐせ直しを楽にするには、寝ぐせを付けない準備を寝る前におこなうことが大切です。

髪をしっかりと乾かしてから寝る

髪が塗れた状態でベッドに入ってしまうと、翌朝の寝ぐせがひどくなってしまいます。シャワー後は髪の自然乾燥を避け、早めにドライヤーで乾かすようにしましょう。

また、髪を乾かすときは「だいたいでいいや」と思わず、完全に乾かすのがポイントです。髪の自然乾燥はキューティクルが傷みダメージヘアに繋がりますので、しっかりとドライヤーしてくださいね。

髪をしばって寝る


髪をしばることで、毛先が変な方向に折れたりハネたりするのを防ぎます。髪に跡が付きにくいよう、毛先近くでゆるめに二つ縛りするのが簡単でおすすめです。

三つ編みにしばると翌朝ほどいたとき髪全体にウェーブがかかるので、髪型をアレンジしたいときに向いています。ロングヘアは寝ているとき髪が邪魔に感じやすいので、快適に眠るという意味でも試してほしい寝ぐせ予防方法となっています。

まとめ

やっかいな寝ぐせも最適な直し方であれば、時短かつ効果的にストレートヘアに戻すことができます。

まずは寝ぐせを付きにくくするために、しっかりと髪を乾かしてから寝ることを心がけてみてください。頑固な寝ぐせが付いてしまっても、根元をしっかり濡らしてブローすることでほとんどリセットされます。蒸しタオルを使う「ながら寝ぐせ直し」も簡単なので、忙しい朝にもおすすめです。

寝ぐせはスッキリ直して、良い1日をスタートさせてくださいね!