「エイジングケアとは?」「いつから始めるべき?」お悩み徹底解説

年齢に合ったお肌のケアが必要だということは知っていても「エイジングケアはいつごろから始めるべきなのか」や「どういうケアをすれば良いのか」など、具体的なことはわからなかったりしますよね。そこで今回は、「そもそもエイジングケアとは何か?」を解説した上で、開始するべきタイミングや方法などを提案させていただきます。

「エイジングケア」とはそもそも何か

まずは「そもそもエイジングケアとはどのような肌ケアなのか?」という基本的な質問に回答します。
「エイジングケア」というのは「年齢に合った肌ケア」のことです。お肌の状態は年齢とともに変化するもの。そのため、自分の年齢に応じたお手入れをする必要があります。

例えば10代のころはニキビやお肌のべたつきが気になっていたという方も、20代後半くらいになると乾燥が気になるようになったりしますよね。お肌に関する悩みも、年齢とともに変わっていくはずです。なのでずっと同じスキンケアをするのではなく、年齢やそのときのお肌の状態に合わせたケアをすることが大事なんです。

2.エイジングケアはいつからスタートすれば良い?

「年齢に応じたスキンケアをする必要があるのは分かったけど、エイジングケアはいつからスタートすればいいの?」と疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか。

エイジングケアを開始するタイミングは、一般に20代半ば~20代後半くらいが良いと考えられているようです。20代半ばは「お肌の曲がり角」とも呼ばれることがあるように、肌質の変化を感じる方が多いものです。もちろん個人差はありますが、このくらいのタイミングでスタートしておいても問題はないでしょう。

3.基本的なエイジングケア方法解説

ここからは、これからエイジングケアを始めようと思っている方に向けて、基本的なエイジングケア方法を解説します。普段のケアに気軽に取り入れることができる、簡単なものをご紹介するので、参考にしてください。

3-1.紫外線対策

エイジングケアをこれからしっかり行っていこうと思っている方は、まず紫外線対策を行ってはいかがでしょうか。
紫外線はお肌を老化させる大きな原因であると言われているので、しっかり行っておいて損はありません。また紫外線対策というと「夏にだけすれば良い」というイメージがあるかもしれませんが、基本的には一年中しておく必要があります。

紫外線対策には色々ありますが、まずは日焼け止めをしっかり塗るようにしましょう。UVカット効果のある化粧下地を日焼け止め代わりに使用しても大丈夫です。日焼け止めは少量塗るだけだと効果があまり得られないことがあるので、使用量には注意してくださいね。パッケージをチェックして、しっかりと適量使うようにしてください。

また朝メイクをするときにだけ塗っておけばOKというわけではなく、数時間おきに塗りなおす必要もあります。とはいえ、メイクの上からミルクタイプやジェルタイプの日焼け止めを塗るのは難しいですよね。そのようなときには、UVカット効果のあるフェイスパウダーや、UVスプレーなどを活用するのがおすすめです。パウダーやスプレーであれば、メイクの上から使ってもメイクが崩れてしまう心配も少ないですよ。
また特に日差しがきつい日には、日焼け止めを使うだけでなく、帽子や日傘などでしっかりガードしてあげるのもおすすめです。

3-2.乾燥対策

年齢とともに「お肌の乾燥が気になる」という方が増えてきますよね。乾燥は小じわなどの原因にもなるので、しっかりと対策をしておきましょう。
基本的には、保湿力が高い化粧水やクリームなどを洗顔後にたっぷり使っておけばOKです。「こってり系テクスチャのスキンケアアイテムが苦手」という方は、さっぱりとした使用感でも十分に保湿できるようなタイプのものを選んでくださいね。
また目元や口元の乾燥や小じわが気になるようなら、アイクリームなどを取り入れるのもおすすめです。目元や口元は乾燥しやすい上に、年齢サインが出やすい部分なんです。

3-3.生活リズムの改善

エイジングケアというとスキンケアのイメージが強いかもしれませんが、生活リズムを整えることも重要です。睡眠不足になったり食生活が偏ったりしたときに、肌荒れしてしまった経験がある方は少なくないのではないでしょうか。お肌を若々しく保つためには、規則正しい生活を送る必要があるんです。
とはいっても、完璧な生活を送るのは難しいですし、ストレスも溜まってしまいます。なので、できることから少しずつ改善していきましょう。最初は、できるだけ睡眠時間を確保するようにしたり、休日に軽く運動したりするだけでもOKですよ。

今日からエイジングケアをはじめよう

基本的なエイジングケアについて解説させていただきました。
最初から今回ご紹介した内容をすべて取り入れる必要はありませんので、できそうなものから実践してみてはいかがでしょうか。
これからエイジングケアを始めようかなと思っている方の参考に、少しでもなれば幸いです。