コスパ最強の万能アイテム!ワセリンの使い方を基本から応用まで解説!

ワセリンといえば、ドラッグストアなどで買える優秀なプチプラ保湿アイテムとして有名ですよね。毎日の保湿ケアや、乾燥が気になるときの特別なケアに愛用している人も多いと思います。

そんなワセリン、実はただの保湿アイテムの枠にはおさまらない、とっても万能で便利なアイテムなんです!今までワセリンを使ったことがない人はもちろん、すでにワセリンを愛用している人も、この記事を参考にワセリンをもっともっと活用してくださいね。

ワセリンは万能美容アイテム!そもそもワセリンとは?

まずはワセリンの正体やその種類について簡単に解説します。

ワセリンの正体

ワセリンとは石油から結晶成分を取り除いて精製したもの。石油由来だと聞くとビックリするかもしれませんが、本来石油は天然物であり、高度に精製されたワセリンはとても安全性の高い天然由来成分だといえるでしょう。

そんなワセリンの役割は、肌をしっかり保護して水分の蒸発を防ぐこと。つまり、直接肌に水分を届けるのではなく、肌表面に薄いフタをすることで保湿効果を発揮するというわけですね。

この作用を利用して、リップクリームやハンドクリームなど多くの保湿アイテムに配合されるほか、クリームや乳液の感触を調整するためにも配合されます。

さまざまなアイテムに配合されるのは、それだけ低刺激で保湿性に優れている証拠ともいえるでしょう。同時に、ワセリンそのものも様々な用途に使えるというわけです。まさに、万能成分(アイテム)というわけですね。

ちなみに、ワセリンは室温で固体ですが、室温で液体だとミネラルオイルとなります。

ワセリンの種類

一口にワセリンと言っても、いくつかの種類があります。

  • 黄色ワセリン

その名の通りやや黄色がかったワセリンで、低価格で購入でき、美容目的で利用されます。

  • 白色ワセリン

黄色ワセリンよりも精製度が高いもので、見た目も白いのが特徴。ドラッグストアで「白色ワセリン」の名前で販売されています。黄色ワセリンで肌荒れしてしまう人におすすめです。

  • プロペト

白色ワセリンよりさらに純度の高いワセリンで、医療用として使われています。

  • サンホワイト

プロペトよりさらに純度が高く、刺激が少ないワセリンです。赤ちゃんの肌にも使用できるほど安全ですが、価格は他のワセリンより高額です。

顔はもちろん髪にも手にも体にも!ワセリンの使い方いろいろ

続いて、気になるワセリンの使い方について解説していきます。基本の使い方からちょっと意外な使い方まで、ぜひ今日から実践してみてください。

リップクリームとして毎日のケアに!

ワセリンをリップクリームの代わりに使うのは、定番かつ人気の方法のひとつ。唇の乾燥が気になったときに気軽に使うのも良いですが、ナイトケアやスペシャルケアに使うのもおすすめです。

その場合、保湿成分たっぷりのリップクリームを塗った上にフタをするように塗布するといいでしょう。パック効果によって、唇がしっとりキレイになるはずです。

また、リップの下地として使用すればリップが唇になじみやすく発色もよくなりますし、落ちにくくなりますよ。

手や爪の保湿にもおすすめ!

ハンド&ネイルケアにもワセリンはおすすめです。乾燥が気になる季節や水仕事で手が荒れてしまったとき、ワセリンで手を優しく保護してあげるといいでしょう。

ただし、ワセリンは一般的なハンドクリームやネイルケア品と比べてべたつきやすいので、塗る量には注意が必要です。スマホやPCをしょっちゅう触る人や手先を頻繁に使う人であれば、ワセリンを使ったハンド&ネイルケアは寝る前だけにするのがおすすめですね。

気になる毛先のパサつきにも!

ワセリンはヘアケアにも使用することができます。パサつきが気になるときや、静電気によって髪が広がってしまうとき、手のひらに薄くワセリンを伸ばして髪の毛に揉み込むようになじませましょう。

ワセリンがしっかり髪をコーティングすることで乾燥から守り、パサつきや静電気を押さえてくれます。乾燥する季節におすすめですが、塗りすぎると髪がべったりするので塗る量には注意してくださいね。

かさつきが気になるパーツのケアに!

ワセリンは顔や手先だけではなく、全身のケアにもおすすめ。かかとや肘、膝といった乾燥しやすいパーツに使ってもいいし、顔のかさつきが気になる部分にパーツ使いするのもいいですね。

また、化粧直しの時にもワセリンがあると便利です。メイクがよれてしまった部分に少量なじませて拭き取ったり、乾燥してしまった部分に少量塗りこめば、メイク直しがもっとスムーズになるでしょう。

ほかにもまだある!ワセリンの可能性は無限大!

ほかにも、ヘアワックス代わりに使ったり、マッサージクリーム代わりに使ったり、手作り練り香水の基剤にしたりと、ワセリンの可能性は無限大。

美容面以外にも、鼻の粘膜に塗って花粉対策をしたり、皮アイテムのお手入れに使ったり、靴擦れ防止に使ったりと、かなり幅広い方面に活躍します。自分だけの特別な使い方を開発するのも楽しそうですね。

ワセリンを活用して乾燥知らずの肌へ

ワセリンは優秀な保湿剤であり、安全性の高いアイテムです。だからこそいろいろな用途に使用できるのですが、残念ながら、なかには肌との相性が合わなかったという人もいます。

ワセリンの肌表面にフタをするという性質上、汗などでかぶれを起こしてしまう人もいるようですね。今回はワセリンのいろいろな使い方を紹介しましたが、まずは肌との相性をしっかり確認し、その上でさまざまな使い方を試してみてくださいね。