自分らしさって何だろう?ほっと落ち着く大人の女性に捧げる名言6選

『自分らしさ』って何だろう?

今回の記事では、憧れのオードリー・ヘップバーンや可愛らしいスヌーピーやムーミンから『自分らしさ』を見つける名言をご紹介します。

お気に入りの名言を見つけて、『自分らしさ』のヒントにしてみてくださいね。

大人の女性が見つけたい自分らしさ

大人の女性が見つけたい『自分らしさ』って何だろう?

周りと被らない服装? それとも、揺るがない主張?

けれども、会社で派手な格好はできないし。

社会人に協調性は必要だし。

『自分らしさ』って何だろうと考えた時に、大人になったら『自分らしさ』を消さないといけないのかなと悩むこともありますよね。

大人の『自分らしさ』には、柔軟性が必要かもしれません。

自分の気持ちや考えを大切にしつつ、周りにも配慮する。

“しなやかに揺れる柳のように、凛とした姿勢で”

自分らしさを表現してみましょう。

オードリー・ヘップバーンに学ぶ、自分らしさ

オードリー・ヘップバーンが生きた時代は、今よりも女性の権利が確立されていなかった時代です。

#Me Too運動では、映画プロデューサー ハーヴェイ・ワインスタインによるハリウッド女優への性暴力が明らかになりました。

オードリーは、映画界で女性の立場が弱かった時代に、どのような方法で『自分らしさ』を表現していたのでしょうか。

【名言】

The greatest victory has been to be able to live with myself, to accept my shortcomings and those of others.

私にとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったこと。

【解説】

常に自然体で愛されていたオードリー・ヘップバーン。

『自分らしさとは〇〇だ』と決めつけずにありのままで生きる。

頭で考えずに自分の直感に従うことも『自分らしさ』を見つける一歩になります。

他人を変えようとしない、他人のありのままを受け入れることも、オードリーの自然体の秘訣かもしれません。

【名言】

Why change? Everyone has his own style. When you have found it, you should stick to it.

なぜ変える必要があるの?皆それぞれのスタイルがあるんだから。自分のスタイルを見つけたなら、それを貫くべきよ。

【解説】

自分の容姿に自信がなかったというオードリー。他の女優と比べて、痩せすぎている、胸が小さすぎる、鼻が大きすぎるなどの指摘を受けていました。

それらの指摘に落ち込むのではなく、独自のファッションスタイルを確立します。

グラマーな女優がスカートを履くなか、サブリナパンツで飾らない魅力を演出。

流行にとらわれずに自分が着たい服を着る。

心地よい洋服を選ぶ。

『女性らしさ』にとらわれないファッションは、『自分らしさ』を見つける手がかりになるかもしれません。

アニメから学ぶ、自分らしさ

スヌーピー(ピーナッツ)やムーミンの哲学的な台詞は、『自分らしさ』を思い出すきっかけになるはず。

ピーナッツは1950年から連載が開始されたアメリカの漫画です。日本に上陸したのは1967年。谷川俊太郎による翻訳本の出版がはじまりでした。

一方、ムーミンは1945年に出版したフィンランドの童話です。ムーミンが日本に上陸したのは1964年のこと。

戦後の時代にスヌーピーとムーミンが伝えた『自分らしさ』について学んでみましょう。

(1) スヌーピーから学ぶ『自分らしさ』

【名言】

Be yourself. No one can say you’re doing it wrong.

君らしくいよう。君らしいことを誰も間違いだなんて言えないのさ。

【解説】

ピーナッツに登場するスヌーピーの名言です。

自分が好きな洋服を選んだのに、『あなたらしくない、似合わない』と言われたことがある人もいるかもしれません。

けれども、自分らしさに不正解はありません。

自分が好きなものを選ぶ、食べたいものを食べる、やりたいことをやる。

そこから『自分らしさ』は生まれます。

進学や転職、結婚など大事な人生の選択は自分の心に従いましょう。

時には他人のアドバイスに耳を傾ける柔軟さも忘れずに。

【名言】

He says it’s terrible to go through life wishing you were something else.

自分以外の人間になりたいと願いながら人生を送るのは耐え難いって。

【解説】

ピーナッツに登場するチャーリー・ブラウンの言葉です。

SNSを見ていて、『自分もこんな風になりたい、こんな暮らしがしたい』と憧れることは誰でもあります。

しかし、同時に『自分にこんな生活ができるわけない』と自己嫌悪に陥る人も多いはず。

他人は他人、自分は自分。

『ほかの誰か』ではない『なりたい自分』になるための努力をしてみましょう。

(2) ムーミンから学ぶ『自分らしさ』

【名言】

人と違った考えを持つことは一向にかまわないさ。でも、その考えを無理やり他の人に押し付けてはいけないなあ。その人にはその人なりの考えがあるからね。

【解説】

ムーミンに登場するスナフキンの言葉です。

友だちと考えが違う時、ついつい説得したくなりますよね。

けれども、自分の考えを相手に押し付けることはやめましょう。

相手の『相手らしさ』を尊重しましょう。

『相手らしさ』を尊重すれば、お互いに『自分らしさ』をさらけ出せる良い関係が築けるはずです。

【名言】

逆よ、全く逆よ。自分と向き合うにはひとりになるんじゃないわ。いろんな人と関わりあうのよ。お友達とおままごとしろって言っているんじゃないの。自分の知らない、自分を知らない人たちと関わりあうのよ。見えてくるわよ、本当の自分が。

【解説】

ムーミンに登場するリトルミイの言葉です。

自分らしさを失っているのは、周りのせいだと思っていませんか? 実際にあなたの周りには、あなたの『あなたらしさ』を批判する人がいるのかもしれません。

それなら、周りの環境を変えましょう。

学校を変える、職場を変える、住まいを変える。

日本から飛び出してもいいでしょう。

知らない世界のドアをぜひ叩いてみてください。

まとめ

『自分らしさ』とは、自分を大切にすること。

自分の考えや価値観、気持ちと丁寧に向き合いましょう。

他人の『他人らしさ』を尊重することも忘れずに。

『自分らしさ』がわからなくても大丈夫。

自分の『好き』を大事にすることからはじめてみましょう。