ボタニカルとは?意味と使い方&知っておきたいオーガニックとの違いを解説

みなさんは、ボタニカルの本来の意味やオーガニックとの違いをご存知ですか?

地球や環境のことを考えたりサステナブルな暮らしなどが話題になる昨今、「ボタニカル」というワードがとても多く聞かれるようになりました。

ボタニカルについて詳しく知ることで、今後のコスメ選びや美容に対する意識が少し変わるかもしれません。本記事では、そんな「ボタニカル」に関する基本知識を徹底解説していきます。

「ボタニカル」とは?意味を解説

ボタニカルとは、「植物の」「植物由来の」という意味を持つ表現の言葉です。「Botanical」という英語から由来しています。

例えば自然由来の成分が含まれたシャンプーを「ボタニカルシャンプー」と言ったり植物を取り入れた暮らしを「ボタニカルライフ」と言ったりなど、その使い方はさまざま。

文脈や場面によって異なる用いられ方があるため、使用する分野を特定することはできないんです。

「ボタニカル」と「オーガニック」の違い

混合しやすいこれらのワードですが、ボタニカルが’’自然由来’’という少しふんわりとした表現を含んでいるのに対し、オーガニックには徹底して’’有機栽培’’と定められた基準があります。つまりオーガニックはボタニカルよりも厳しい基準をクリアしているため、安全&安心を保証できるのです。

有機栽培(有機農業)とは、「化学的に合成された肥料及び農薬を使用しないこと、並びに遺伝子組換え技術を利用しないことを基本として、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した農業生産の方法を用いて行われる農業」と定義されています。

引用;ジブン農業

▶︎【オーガニックとは】基本情報をカンタン解説!無添加化粧品との違いも

「ボタニカル」の使い方は?どんなシーンで使われている?

使われるシーンや文脈によって意味が大きく変わる「ボタニカル」というワード。こちらの項目では、どのシーンでどんな使い方がされているのか、詳しくみていきましょう。

美容やコスメ

 

美容業界では特に、シャンプーやカラーなどのヘアケア用品、化粧水やオールインワンゲルなどのスキンケア用品、コスメなどが注目されているようです。

中でもボタニカルアイテムの先駆者として数年前から話題となっているのが「BOTANIST(ボタニスト)」のボタニカルシャンプーやコンディショナー。植物由来の優しい成分が髪の毛に関するさまざまな悩みにアプローチしてくれる人気のヘアケアアイテムです。髪のダメージに悩む人や広がりを抑えたい人にはとてもおすすめですよ。

ファッション

 

ここ数年で話題になった環境に寄り添ったサステイナブルなスタイル。地球に優しく肌馴染みの良い色や素材が好まれると同時に、自然への敬意を感じる「ボタニカル柄」も大きく注目されているんですよ。中でも2020年は、ナチュラルレディな魅力が引き立つ大きな花柄プリントがトレンドでした。

インテリア

 

部屋にグリーンをモチーフにした家具やをはじめ、木の実や花をプリントした小物をおくことで、リラクシーな雰囲気を纏ったボタニカルスタイルのインテリアに。もちろん観葉植物や葉物植物をそのまま置くのも◎

ライフスタイルとあわせて、数年前にはナチュラル志向の女性を中心にささやかなムーブメントが起こりましたよね。「普段から自然を身近に感じたい」「日常の中に少しリラックスできる空間が欲しい」という方にはボタニカルインテリアが最適かもしれません。

アイテム選びは自分が納得できるものを

先ほども書いたように、日本にはボタニカルに関する明確な基準がありません。そのため、「ボタニカルの製品=良い」と一概に言えるわけではないのです。

実際に日本で目にするアイテムの中で、海外でしっかりとボタニカル認定をされているもの(成分の90%以上が植物由来)はごくわずか。キャッチコピーや宣伝方法として「ボタニカル」というワードを使っている商品が想像以上に多くあるのです。極端なことをいうと、ほんの少しだけ植物由来のものを含んでいる製品であれば、いくらでも「ボタニカル」だと謳うことができます。

ただ、コスメや美容の中でも何かと選択肢が多い現代で、少しでもナチュラルなものに目を向けてみると、自分にも環境にも少しだけ優しくなれるかもしれません。アイテム選びは自分が納得できるものをできるだけ長く使いたいですね。

暮らしの中に潜む「ボタニカル」に触れよう

SNSや雑誌を中心に、ここ数年で当たり前になっているナチュラル志向の暮らし。この時代になぜ丁寧なライフスタイルが好まれていること、オーガニックやボタニカルなアイテムが選ばれること、それは必然のようにも感じられます。

ぜひ本記事をきっかけに、ボタニカルなアイテム選び、植物と距離を縮めた暮らしを始めてみてくださいね。日常には案外たくさんの「ボタニカル」が潜んでいますよ。植物は私たちの暮らしにとって、なくてはならない存在。日々の中で自然や人間以外の生き物の存在を意識するだけでも、十分に心が穏やかになりますよ。