ペディキュアの準備から塗り方まで!たった3色で作れる可愛いデザインも

サンダルを履く季節になると、ペディキュアを塗りたくなるという方も多いのではないでしょうか?ペディキュアは手の爪よりも派手な色に挑戦しやすいですし、少し失敗した場合でもそこまで目立たないので初心者でも気軽に楽しめます。

今回は、ペディキュアの準備や塗り方、3色で作る可愛いデザインなどをペディキュア初心者の方へ向けてご紹介します!

ペディキュア前にやること

ペディキュアを塗る前に次の3つの準備をおこなうと、ペディキュアをさらに綺麗に仕上げることができます。

  1. 必要な道具をそろえる
  2. フットケアをする
  3. 爪を整える

ひとつずつ詳しくご紹介します!

①必要な道具をそろえる

セルフネイルで綺麗なペディキュアに仕上げるために、次の道具を準備しましょう。

  1. 保湿クリーム
  2. 爪やすり
  3. ベースコート
  4. 好きな色のマニキュア
  5. トップコート
  6. 除光液
  7. 綿棒
  8. トゥセパレーター

基本的には、手にマニキュアを塗るとき必要な道具と同じです。

ペディキュアならではのアイテムとしては、足指を開いて固定するためのトゥセパレーターです。トゥセパレーターがあると、足指が重ならないのでペディキュアを塗りやすくなります。

②フットケアをする

カサカサの乾燥した足に派手なペディキュアが塗ってあると、汚い印象を抱く人もいます。かかとが硬くなっている場合は角質除去し、足全体をクリームで保湿しましょう。つま先もクリームでたっぷりと潤して、柔らかくなった甘皮を綿棒で指側にグイグイと押して処理します。

③爪を整える

爪やすりを一定の方向に動かして、爪の形を整えます。手の爪は卵型の方が指が長く見えますが、足の爪はスクエア型にすると綺麗です。

足の爪は表面がデコボコしやすいので、気になるときはバッファーと呼ばれる表面やすりで平らにしましょう。

ペディキュアの基本の塗り方

セルフネイルは、ベースコート・マニキュア・トップコートの順番で塗ります。爪に塗る手順は以下の通り。

  1. 爪の先端をなぞるように塗る
  2. 爪の中央部分を塗る
  3. 爪の両サイドを塗る

液が付きすぎているとうまく塗れないので、マニキュアボトルのふちでブラシの片面をしごくのがおすすめです。色をムラなく均一にのせるためには、ためらわずにスッとテンポよく塗りましょう!

ペディキュアのコツ

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝐫𝐢𝐡𝐨(@addict.nail_)がシェアした投稿 – 2020年 8月月21日午後10時33分PDT

ペディキュアのコツは次の3つです。

  1. 塗りやすい体勢をとる
  2. 爪の両サイドの塗り残しに注意する
  3. 工夫して早く乾かす

足の爪は手よりも不便な位置にある分、これらのコツを抑えるのがポイントです。

①塗りやすい体勢をとる

手の爪と違って、足の爪は塗りやすい体勢をとることも大事です。塗りやすい体勢は人それぞれですが、主に体育座り・イスや床に片膝立て・テーブルの上に足を乗せるなどの体勢をとる人が多いみたいですよ!

②爪の両サイドの塗り残しに注意する

足の爪の横側は見えにくいので、塗り残しが出やすい部分となります。ペディキュアを塗るときはブラシを持っていない方の手で足指をつかみ、爪にかぶった皮膚をグイっとよけながら塗りましょう。

③工夫して早く乾かす

ペディキュアが乾いていないと、床やカーペットにこすってヨレるのが心配になり、歩くことすらままならないことがあります。

早く乾かすためには、次のような方法があります。

  • 氷水に2~3分足を突っ込む
  • ドライヤーの冷風を弱くあてる
  • 塗る前にマニキュアを冷蔵庫で30分ほど冷やす

氷水に足を付けるのは冬は拷問になりかねませんが、夏だと冷たくて気持ちいいかもしれませんね。

また、冷蔵庫でマニキュアを冷やすと、伸びが良くなるといわれています。伸びがいいと薄付きで均一に塗りやすくなるため、乾きやすくなるそうです。

ペディキュアにおすすめの3色ネイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

さぁら⑅︎◡̈︎*(@_saosaori)がシェアした投稿 – 2020年 8月月13日午後7時46分PDT

足の爪は親指以外小さいので、あまり凝ったデザインができないのがペディキュアの難点です。

しかし、3色ネイルなら初心者でも試しやすく、かわいいペディキュアデザインとしておすすめです。3色のマニキュアを交互に塗るだけのシンプルさでありながら、こなれ感のあるかわいさに仕上げてくれます。

3色ネイルのコツは、2色を指2本ずつ、1色を指1本というバランスで塗ることです。画像でいうとオレンジ系カラーを親指と薬指、ブラウン系カラーを人差し指と小指、ゴールド系カラーを中指に塗っています。

一番目立つアクセントカラーを指1本だけにすると、ペディキュア全体がまとまっている印象になりますよ。

ペディキュアで見せたくなる足元に

 

この投稿をInstagramで見る

 

🇧🇷 ESPAÇO KAREN MOREIRA(@espacokarenmoreira)がシェアした投稿

今回は、ペディキュア初心者の方へ向けて、ペディキュアの準備から塗り方までご紹介しました!

サンダルから覗く爪をかわいく彩ってくれるペディキュアは、夏には欠かせないおしゃれアイテムのひとつです。ペディキュアに必要な道具はほとんど100均で揃うので、大きな出費にもなりません。ペディキュアで気軽にカラフルな爪を楽しみましょう!

おすすめ記事:セルフネイルを上手に塗る方法!3つのコツを押さえて超不器用でも失敗知らず